株式会社イーエス総合研究所 採用サイト

イーエス総合研究所は豊かで安全な社会資本の形成に貢献している建設コンサルタントです

イーエス総合研究所のしごと

私たち、イーエス総合研究所は、北海道内を中心として「社会基盤整備」事業に広く携わる 仕事を行っています。
実際に「物を形にする」建設会社とは異なり、「企画・調査・設計・品質管理試験」に係わる技術的なサービスを「行政」や「建設会社」に提供し、豊かで安全な社会資本の形成に 貢献している総合建設コンサルタントです。

01建設コンサルタントの役割

社会資本整備事業を取り巻く環境が大きく変化する現在、建設コンサルタントは豊富な専門知識や経験を生かし、広い視野で地域社会や環境への影響、コストなど多様な状態を想定し調査解析を基にした提案をする事が要求される業務です。

時代の変化に合わせて、「防災、国土強靭化、インフラの老朽化、環境関連」など、技術革新の動向を捉えこれまでの技術や知識をもとにした付加価値の高い技術集団として、多様なシーンで行政と国民の間で社会資本整備の推進に貢献することが求められます。

社会資本整備

社会資本整備の流れ(発注者と受注者の役割)

社会資本整備

02建設コンサルタントの仕事の流れ

「社会資本整備」事業に伴い国や地方自治体、建設会社などから「発注、依頼」された業務について「契約・受注」を行います。

次に、「基本事項」などについて「検討、打合せ」を経て、「計画、立案、調査、設計、解析、分析および品質管理試験」などの作業を実施します。

これらの作業は社内の「業務企画部、設計部、地質調査部、環境情報部、補償調査部、施工管理部」の技術部門が適宜「打合せ」を行いながら進めます。

最終的に、業務の「報告書」および「成績書」として成果をとりまとめ、発注者に「納品」し、業務を終了します

建設コンサルタントの仕事の流れ

04建設コンサルタントの魅力

みんなの暮らしに役立つ、
社会から求められる仕事です。

みんなの暮らしに役立つ、社会から求められる仕事です。

私たちの生活は、朝起きて使う水道や電気、通勤・通学で使う道路や鉄道といった社会資本のおかげで成り立っています。 そして建設コンサルタントは、 これらの社会資本の新規整備計画や維持管理計画にかかわっています。

私たちが仕事に立ち向かうときは、 自然環境を傷つけないか?安全性は大丈夫か?
工事にかかる金額に問題は無いか?などを考えながら、 お年寄りから子供、 自然の生き物まで、 みんなの喜びや笑顔を思い浮かべます。

街や人の未来を考え、人々に幸せを
もたらす夢のある仕事です。

街や人の未来を考え、人々に幸せをもたらす夢のある仕事です。

私たちが暮らす日本では、いつでもきれいな水が飲め、車で行けない場所はほとんどない、大変便利な国になりました。しかし、これから起こるといわれる東南海・南海地震のような大きな地震への備え、古くなった街や道路の修理、お年寄りが増え働く人が少なくなる少子高齢化問題など、たくさんの課題があります。

私たち建設コンサルタントは、このような課題に対し、人や街の未来を見つめ、 さまざまな技術者たちと協力して知恵を使い、知的サービスを提供する、人や街の未来づくりに貢献できる誇りの持てる仕事です。また、先輩技術者たちの努力のおかげで、土木技術者の活躍の場は、世界の発展途上の国々にまでも広がっています。

05人材の育成

言うまでもなく個々人のレベルアップ無くして会社のレベルアップはあり得ません。
無から有を生み出す各社員が財産でありもっとも重要な経営資源です。
社員の技術能力アップは、将来にわたって競争力を持った企業として存続し続けるためには、最も重要な経営資源です。加えて、お客様とのコミュニケーションや組織人・社会人として人間性の向上も、欠かせません。
「社員の成長なくして、会社の成長なし」を踏まえ、当社では毎年社内外講師による「新入社員集合研修」や「階層別研修」を行い各社員に対する教育の充実を図ると共に自己啓発のバックアップを行っています。
社員は個々人がもつ自身の能力開発に対して、各部門全体で「キャリア・アップ・プログラム」を策定し、主体的な取り組みを促しています。
さらに、年間の評価を目的としたフィードバック面接を実施し次期の方向性を定めています。

街や人の未来を考え、人々に幸せをもたらす夢のある仕事です。


1.スキルアップ

  1. ①外部講師による階層別研修会の実施
  2. ②部門長による部門研修会の実施
  3. ③全社技術研修会、技術発表会の開催
  4. ④自己啓発支援制度(講習会参加、通信教育等の費用をサポート)

2.キャリアアップ

  1. ①年1 資格取得を目標として有資格者による受験指導実施。
  2. ②社内規定による資格取得者に対して、資格手当の支給や更新費用をサポート。

3.レビュー

  1. 自己申告シートの提出でフィードバック面接を行い次の方向を定めて行く。

4.コミュニケーション

  1. ①全社懇親会(年2回開催)。
  2. ②各部門でのスポーツレクリエーションなどの交流会を実施。

06先輩社員のメッセージ

試薬を調製しているところです
試薬を調製しているところです

第3事業部 環境情報部
岩館 和斗(2019年4月入社)

技術集団に早く追いつきたい
イーエス総合研究所に入社を決意した決め手
大学・大学院と化学を学んできたので、それを活かした仕事を札幌でしたいと思い入社を考えていました。最終的な決め手はなんといっても当社の人の良さにひかれて入社を決めました。
所属部の主な業務と担当している仕事
環境情報部は、水質分析班、重金属分析班、植生・アスベスト分析班に分かれます。私は水質分析班で、pH,SS,BOD,COD,T-N,T-P,n-ヘキサン、大腸菌分析を主に行っています。
これまで最も印象に残っていること
入社1 年目に大手スーパーマーケットの排水の分析業務を行ったことです。道内100 店舗以上が対象だったので、採取など他部門の方々の協力を得ながら分析を行いました。数が多く分析に時間がかかり苦労はしましたが、試料の匂いや色などでどれくらいの分析値が出るかおおよその判断できるようになったり、手際よく分析する方法を色々と考えたりと成長するきっかけとなった業務だったと思っています。
私から見たイーエス総合研究所の社風
先輩達は皆、脳内に蓄えている専門的知識の量がものすごく多く、技術集団の集まりだと思います。早く先輩達に追いついて行きたいと思っています。
就職活動で心がけたことと学生さんへのメッセージ
インターンシップや会社説明会に参加した後には、必ず担当者にメールや手紙を送るようにしていました。これで、他の志望者と必ずしも差別化をはかれるという訳ではないですが、忙しい時間の合間を縫って採用活動をして下さる採用担当者に感謝の気持ちを伝えようと思って行っていました。
週末の楽しみです
週末の楽しみです
Hobby

中・高でソフトテニス部だったので、今も週1 程度で続けています。
家では、小学校の時から将棋が趣味なのでネット将棋を指しています。

とある私の一日・・・
7:00 起床してパン2 枚とヨーグルトを食べる。
7:50 バスに乗って出社。高校生や大学生が多い日は座れないことも多い・・・
8:40 出社。会社の清掃を行い、朝の打ち合わせが始まる。
9:00 余市町に上司と外出。
10:30 余市町に到着。水位計の測定データ回収を行う。
12:00 昼食。雪が降る中の作業で体が冷えたのでおいしいラーメンを食べる。
12:45 余市町を出る。帰りも安全運転で。
14:30 本社に戻って、道具の片付け。
15:00 分析と成績書作成を行う。
17:00 今日1 日の振り返り、明日の予定を立てる。
17:50 お先に失礼しますと言い、バス停に健康のためダッシュで向かう。
オフタイムの過ごし方
ソフトテニス部を週1 でやっています。家にいる時は、ネット将棋を指したり、switch のどうぶつの森をやっています。
初めて1人でついた現場の検尺
初めて1人でついた現場の検尺

第2事業部 地質調査部
川合 史夏(2017年4月入社)

業務のメリハリがあり相談できる
イーエス総合研究所に入社を決意した決め手
大学と大学院では地質学を専攻し、地質的な知識を生かせて防災やインフラを支える職種につきたいと考え建設コンサルタントを志望しました。当社は地質調査だけでなく化学分析を行う部署や設計を行う部署などがあり業務を社内で連携して行っていると知り、専門が違う幅広い人間関係を築けると思ったため入社を決めました。
所属部の主な業務と担当している仕事
道内各地の地すべり観測や土木構造物・建物を造るためのボーリング調査の現場管理などを行っています。対象になる構造物の種類によって様々なことが要求され、現場での試験や調査後の工法など地質以外の知識として覚えることがたくさんあります。現在部署に女性は私ひとりで最年少ですが、力不足でできない作業は先輩にサポートしてもらいながら仕事をしています。
これまで最も印象に残っていること
胆振東部地震で大規模な土砂崩れの被害を受けたダムの調査の担当をしたことです。付替え林道の変位が進行していないか巡視しながら地すべり観測のデータ回収も行う業務です。林道自体が土砂崩れで流出・崩壊している場所も多く、観測地点まで行くのに崩れた斜面を越えて徒歩で片道1 時間半かかる場所もありました。山に入るのは好きで、シカやキツネに遭遇するのは慣れましたがヒグマの足跡があることもあり、いつも気を張って現場に臨んでいました。
私から見たイーエス総合研究所の社風
オンとオフのメリハリのある会社だと思います。部署が分かれていますが、若手社員同士の仲も良いです。
就職活動で心がけたことと学生さんへのメッセージ
私は他の人と比較するとあまり多くの会社に興味を持った活動をしていませんでした。自分の思い込みにとらわれず、いろんな業界を知ることも大事だと今は思っています。
建設コンサルタントに限って言えば、設計・土質・環境調査・地質調査など規模の大小でメインとなる内容が異なっていたり、その会社によって得意分野が違ったりもします。実際に会社訪問や単独説明会で話をきかないとわからないこともあるので、なるべくいろんな企業を見るのがいいと思います。
登山同好会の活動にて
登山同好会の活動にて
Hobby
  • 大学時代は基礎スキー部に所属していました。現在は社外のスキーサークルで基礎を磨きつつゆるく活動しています。一番好きなスキー場はルスツです。
  • 夏はドライブ・道の駅めぐり・ハイキングやキャンプをしています。社内の登山同好会で年1~2回日帰り登山も行っています。
とある私の一日・・・
7:00 起床。猫の世話をしてからフルグラとヨーグルトを食べて身支度を整える。
8:10 家を出る。マイカーで通勤
8:30 出社。朝の当番の掃除をする
8:45 車に荷物を積んで先輩社員と2人で現場へ出発。高速道路を使って移動
10:45 現場の山に到着。車をとめてトレッキングシューズに履き替え持っていくものを準備する
11:00 林道入口から観測地点へ向けて出発。
複数の観測地点を回る。最奥までの道のりは土砂崩れで林道が崩壊しているので徒歩。データを回収と定点撮影を行う。
13:30 車に帰還。車の中でラジオを聞きながら持ってきたお弁当を食べ少し遅い昼休憩。
14:15 別の林道へ移動し、先輩と作業を分担しながらデータ回収と写真撮影をして回る。
18:30 会社に戻る。荷物を片付け、パソコンにデータを移して写真に撮り漏らしがないか、観測値に変なデータがないかを確認する。
19:00 予定の確認後に退社、帰宅すると猫がドアの前で待っている。
オフタイムの過ごし方
家にいるときは猫と遊んでいます。
設計の基本は現場を知ることから
設計の基本は現場を知ることから

第2事業部 設計部 係長
村上 正宜(2012年4月入社)

自分の設計が形になったとき達成感でいっぱい
イーエス総合研究所に入社を決意した決め手
設計コンサルタントとして公共事業に携わりたい。北海道で仕事がしたい。という自身の希望にマッチしていたことが決め手です。
所属部の主な業務と担当している仕事
現在は農業土木設計を行っています。発注者や地元関係機関、農家さんとの打合せを行い、計画の立案・調整、設計図作成や報告書のとりまとめを行っています。打合せ結果を基に、皆様に満足してもらえる計画を提案し、それを形にしていくことは大きなやりがいになっています。
これまで最も印象に残っていること
月並みですが、自身が試行錯誤して設計したものが、施工され完成したものを見たときは達成感がありました。
私から見たイーエス総合研究所の社風
真面目ですが実は気さくな人が多いと思います。当然のことながら仕事に対しては真面目に取組んでいますが、社内行事や飲み会は賑やかな雰囲気です。また、社会情勢に合わせ様々な取組みをしており、労働環境の改善にも力を入れてくれています。
就職活動で心がけたことと学生さんへのメッセージ
自分が何をしたいのか伝え、問われたことに対しては自身の言葉で答えることを心掛けていたと思います。
皆さんのやりたいことが何かを明確にして、そして人との関わりを大切にしてください。それが今後に活きてくると思います。
時間をつくってリフレッシュ
時間をつくってリフレッシュ
Hobby

大学時代からスノーボードをしています。ハイシーズンは仕事も忙しい時期ですが冬の楽しみです。また、料理を作ることも趣味の1つです。

とある私の一日・・・
8:30 出社。会社の清掃を行い、前日に予定していた作業の準備。
9:00 先日の発注者との打合せ結果を基に、計画図を作成する。
12:00 昼休憩、昼食をとる。
12:45 引続き計画図と打合せ資料を作成する。
14:30 計画上の課題について部内で打合せを行う。
18:30 今日予定していた作業が完了したので、明日の予定を立てながら片付け。
18:40 退社。晩御飯を楽しみにしながら帰路につく。
オフタイムの過ごし方
週末はスーパーへ買い物に出掛け、食べたい料理を作っています。時々思いつきでドライブに行くこともあります。また、友人と予定が合えば飲みに行くか、冬であればスノーボードに行きます
ページのトップへ